2016年01月23日

麻雀界への提言H オカ・ウマを廃止しろ!!

街にある雀荘では、麻雀のギャンブル性を高めるために、赤ドラやご祝儀などルールを採用しているケールが多いと思います。
このようなギャンブル性を高めるルールは、麻雀の競技性を追求する競技麻雀の世界では基本的に採用されません。
しかし、ギャンブル性を高めるルールであるはずのオカやウマは、競技麻雀においても採用されているケースが多いようです。

私は、オカ・ウマという順位点のシステムが、麻雀のルールで1番競技性を損なわせていると考えています。
例えば、持ち点25000点の半荘勝負で、
1位:25500
2位:25100
3位:24900
4位:24500
で終わった場合、勝負はほぼ互角だったとことになります。

しかし、オカ・ウマ(ワンツー)を加えると、
1位:65500
2位:35100
3位:14900
4位:4500
と全く別次元の点棒状況となってしまします。

これでは、勝負結果を湾曲させていると言わざるを得ません。
そもそも半荘1回の結果は76%が運で決まると言われるほど非実力的なものなのに、その順位に順位点をつけ差を拡大化させることは、競技的に大きな問題があるように思います。

では、なぜオカ・ウマなどといったルールがあるのでしょう?

それは、オカ・ウマがない状態で上記のような点棒状況になった場合、麻雀がギャンブルとして成立しないからです。
点棒の勝負がほぼ互角に終わってしまえば、金銭のやり取りがほとんど発生せず、ギャンブルとしての面白味がなくなってしまいます。
これをレートで調整しようとすると、逆に点差が開いたときのギャンブル性がとてつもなく高くなってしまい、誰も麻雀をできなくなってしまいます。
つまり、オカ・ウマというシステムは麻雀をギャンブルとして成立させるルールでしかないのです。
ですので、競技として麻雀を行う場合、オカやウマといったルールは採用するべきではないと、私は強く感じています。

オカ・ウマには更なるデメリットも存在します。
それは、最終戦のオーラスで条件戦になった場合、条件がとても複雑になり分かりづらいということです。
この条件戦は、プロでも間違える場合があるほど複雑で、競技としてはかなりのマイナスポイントとなります。
もちろん、オカ・ウマというルールがギャンブル的、あるいはエンターテイメント的に面白いことは認めますが、少なくとも競技麻雀団体の公式戦などで採用するべきルールとは思えません。


麻雀は、点棒のやり取りにより順位が決まります。
ですので麻雀の競技性を極めるのなら、
点棒
着順
のどちらかで勝負を決めるしかありません。

もし着順勝負に徹するのなら、半荘1回勝負を
1位:3P
2位:2P
3位:1P
4位:0P
などとし、合計ポイントが引き分けの場合は点棒勝負で順位を決めるが良いかと思います。
※101競技連盟は、1位1P、2位、3位0P、4位-1Pと純粋に順位勝負をしている。
これは、スポーツなどのリーグ戦に近いものと言えます。
ただし、麻雀は多くのスポーツや頭脳ゲームと違い4人で行う競技です。
そのため、他の競技と違い2位3位の扱いが難しくなり、もう少し複雑なポイント配分を考える必要があるのかもしれません。(中国麻雀では1位4P、2位2P、3位1P、4位0Pで同点の場合は素点勝負になるらしい)

2位、3位についてもしっかりと評価するのなら、一層のこと点棒勝負に特化し、単純に集めた点棒の量で勝負をしたほうが分かりやすいかもしれません。
例えば半荘2回勝負で30000点持ちの場合、
1位:1回戦20000点、2回戦60000点、計80000点
2位:1回戦30000点、2回戦40000点、計70000点
3位:1回戦40000点、2回戦10000点、計50000点
4位:1回戦30000点、2回戦10000点、計40000点
として、合計獲得点棒の多い人を勝ちにすれば、競技上とても分かりやすい勝負結果となります。

勝負に関するルールが分かりやすいことは、競技として完成度が高いということです。
にも関わらず、競技麻雀団体は、敢えて複雑なオカ・ウマというルールを採用しているように思えます。

麻雀を競技として成立させるためには、ギャンブル性をできるだけすくなることが必要です。
オカ・ウマというルールは麻雀ファンの間で慣れ親しんだルールであるため、廃止するという発想は余り浮かばないかもしれませんが、私は、オカ・ウマというルールをなくすことによって、競技麻雀の世界は必ず一歩前進すると思っています。

ということで、麻雀界への第九の提言として、『競技麻雀からオカ・ウマを廃止すべき』を掲げたいと思います。

記事一覧
はじめに
麻雀界の現状@ プロ雀士の知名度
麻雀界の現状A プロ雀士の収入
麻雀界の現状B 麻雀の人気(将棋と麻雀の人気比較)
麻雀界への提言@ 団体数を減らせ!!
麻雀界への提言A プロ雀士の人数を減らせ!!
麻雀界への提言B プロ試験を厳しくしろ!!
麻雀界への提言C リーグ戦の対局数を増やせ!!
麻雀界への提言D 成績をしっかり記録し公開しろ!!
麻雀界への提言E プロ雀士はプロフィールを公開しろ!!
麻雀界への提言F プロ雀士は賭け麻雀をやめろ!!
麻雀界への提言G 競技麻雀からオカルト思考を根絶せよ!!
麻雀界への提言H オカ・ウマを廃止しろ!!
麻雀界への提言I 麻雀のルールを統一せよ!!
最後に
posted by 国士無双 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀界への提言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171676147

この記事へのトラックバック