2016年01月17日

麻雀界への提言B プロ試験を厳しくしろ!!

将棋のプロ棋士が、プロになれば公式戦の対局をするだけでサラリーマン以上の収入を得ることができるということは『麻雀界の現状A プロ雀士の収入』でも説明しましたが、プロ棋士になるには、それに見合うだけの厳しさがあります。

将棋でプロになる場合は、まず奨励会というプロ養成機関に入らなければなりません。※補足あり
この奨励会に入るだけでも自分の住む地域に敵がいないレベルの将棋の腕が求められ(アマ三段からアマ四段レベル)、既に麻雀のプロテストより遥かに厳しい入会審査があります。
奨励会に入る年齢はおおよそ12歳前後で、合格した者は全国から2つしかない対局場に月に2回集まり対局を行います。
そして数年間から十数年間に渡りライバルたちと凌ぎを削り合い、結果プロになれるのは基本的に年4人しかいません。
奨励会に入門しプロになれる確率は2割程度で、入会からプロになるまでの期間は平均10年弱にも及びます。

このように、将棋のプロになるのはとても厳しい世界です。
そのため将棋のプロ棋士は、もはや常人では理解できないレベルの圧倒的な強さを誇ります。
将棋界はこんなことを戦前から行い、プロの実力を保っているのです。

補足:
※アマチュアの強豪を救うための処置として、奨励会以外からプロになれるプロ編入試験があるが、基準がとても厳しいことで知られている。(過去に1人しか合格しておらず、その1人も奨励会出身者)
※過去に特例でプロになった人が2人いるが、1人は奨励会出身者のため奨励会に通わずプロになった者は1人しかいない。
※女流棋士の場合もレベルは下がるが同じようなシステムで勝ち上がったものだけがプロになれる。(女性が通常のプロ棋士になったケースはまだない)


一方、麻雀のプロテストの多くは1日から数日で終わり、その後数回の研修を受ける程度でプロを名乗ることができます。
※麻将連合μのように、認定プロになるまで長い期間を要す団体もある。

1日や数日の試験でプロの競技者になれる業種もないことはありません。
ゴルフや、ボクシングや、ボウリングなどは、数日の試験でプロになることができます。
しかし、ゴルフ(ツアープロ)の場合は、規定のアマチュア大会で上位入賞した者、プロ研修生としてゴルフ場で働き実力を認められた者、ティーチングプロ(ツアーに参加できない教える専門のプロ)の資格保持者にしか受験資格が与えられないため、そもそも簡単に試験を受けられるわけではありません。
ボクシングの場合は、ライセンスがA級、B級、C級と別れているため勝てない選手は自然に淘汰されますし、1年に1度の健康チェックと36歳までという年齢制限があるので、いつまでもプロで要られるわけではありません。
ボウリングの場合は、プロ試験を受ける際にプロ2名の推薦が必要で、その推薦条件が前年度の平均アベレージ(30ゲーム以上)が、男子190、女子180となっているため、弱い選手は受験することすら難しいのです。

麻雀の場合は、このような厳しい規定があるわけでもなく、短い期間の試験だけでプロになれます。
調理師免許だって、2年以上の実務経験や専門学校の卒業が必要なのに、麻雀のプロは最短1日の試験でなれてしまうのです。
これでは、英検などの資格試験と変りません。
そのため、決してレベルが高いとはいえないプロ雀士がいることも否定できず、芸能人が遊び半分でプロ雀士なったりするケースも見受けられます。

これが、果たしてプロの競技者といえるのでしょうか?

厳しいようですが、私はプロ雀士の中には競技者のレベルに達していない者が多数いると思っています。
そして競技麻雀の団体も、プロ雀士の実力を担保するような努力していないように思います。

麻雀の腕には間違いなく実力があり、プロ雀士の中にはとてつもない打ち手がいることも間違いありません。

にも関わらず、競技麻雀団体は実力を図ろうとせずにプロ雀士を量産し、前項で指摘した団体がプロ雀士からお金を集めるというシステムを作り上げています。
そして、今まで提言してきた団体が多すぎること、プロ雀士が多すぎることと、今回書いてきたプロ試験が簡単すぎることの3つは密接に関わり、競技麻雀及びプロ雀士の社会的な地位が上がらない大きな要因になっていると思います。

ということで、麻雀界への第三の提言として『プロ試験の厳しくすべき』を掲げたいと思います。

記事一覧
はじめに
麻雀界の現状@ プロ雀士の知名度
麻雀界の現状A プロ雀士の収入
麻雀界の現状B 麻雀の人気(将棋と麻雀の人気比較)
麻雀界への提言@ 団体数を減らせ!!
麻雀界への提言A プロ雀士の人数を減らせ!!
麻雀界への提言B プロ試験を厳しくしろ!!
麻雀界への提言C リーグ戦の対局数を増やせ!!
麻雀界への提言D 成績をしっかり記録し公開しろ!!
麻雀界への提言E プロ雀士はプロフィールを公開しろ!!
麻雀界への提言F プロ雀士は賭け麻雀をやめろ!!
麻雀界への提言G 競技麻雀からオカルト思考を根絶せよ!!
麻雀界への提言H オカ・ウマを廃止しろ!!
麻雀界への提言I 麻雀のルールを統一せよ!!
最後に
posted by 国士無双 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀界への提言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171676128

この記事へのトラックバック