2016年01月11日

はじめに

麻雀はとても面白く、将棋や囲碁に負けないくらい素晴らしい“頭脳ゲーム”です。
※当サイトで書かれる文章は、全てこの想いの元に書かれていることをご理解ください。


私は麻雀ファンというより将棋のファンでして、将棋界については仕組みや内情に至るまでそれなりに理解しています。

そんな将棋ファンの私からすると、麻雀界は理解しづらいところが多々あります。
敢えてハッキリ言わせてもらえば、麻雀やプロ雀士は、世間での評価が将棋やプロ棋士に比べて著しく低いと言わざるを得ません。
麻雀には“ギャンブル”というイメージがまとわりついていることもありますが、それ以上に、麻雀のプロ団体が麻雀やプロ雀士の評価を上げようとする努力を怠っているように思えます。


私にとって麻雀は、数年前までゲームやネットで対戦したり、漫画やVシネマなどの創作物を見る程度のものでした。
そんな私が麻雀界(プロ麻雀界)のことを深く知っていくきっかけは、ニコニコ生放送です。
ニコニコ生放送では2012年より将棋のタイトル戦中継が始まり、もちろん私もその中継を固唾を呑んで見ることになります。
そして、そこからの流れで麻雀放送も少しづつ見るようになりました。

私にとって麻雀放送はすぐに楽しめるものではありませんでしたが、そこまで強いわけでもない将棋も楽しんで見ているので、麻雀も雀士たちのバックボーンなどの世界感を理解すれば、将棋と同じように楽しめると思って麻雀放送を見続けました。
しかし麻雀の世界は複雑怪奇で、理解できるようになるには相当の時間を要しました。
正直、麻雀放送を楽しめるようになってきたのはごく最近のことです。

こんな将棋ファンが感じた麻雀界のおかしい点を、麻雀界への提言として書き残していきたいと思います。

2016年1月11日


<麻雀業界の現状>

一、プロ雀士の知名度
二、プロ雀士の収入
三、麻雀の人気(将棋と麻雀の人気比較)


<麻雀界への提言>

一、団体数を減らせ!!
二、プロ雀士の人数を減らせ!!
三、プロ試験を厳しくしろ!!
四、リーグ戦の対局数を増やせ!!
五、成績をしっかり記録し公開しろ!!
六、プロ雀士はプロフィールを公開しろ!!
七、プロ雀士は賭け麻雀をやめろ!!
八、競技麻雀からオカルト思考を根絶せよ!!
九、オカ・ウマを廃止しろ!!
十、麻雀のルールを統一せよ!!
◆、<最後に>
posted by 国士無双 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀界への提言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171676282

この記事へのトラックバック